他党との比較

理念・未来ビジョン

主張・理念

  • 主要政党
    • 選挙の票取りのために、耳触りの良いことばかり言っている。
    • 特に、投票率の高い老年層に都合の良いことを多く言っている。
    • 一部の政党は、支持団体のみに都合の良い政策を実行している。
    • 多くの政党は、「大きな政府」志向の政策を打ち出している。
  • 幸福実現党
    • 国民の幸福を実現しようと、一本筋が通っている。
    • 不利であろうと言うべきことは言う。
    • 正しさをベースにしているから、利得に流されない。
    • 勇気を持って提言できる。
    • 日本の将来を担う若者や子孫を考えて政策を組んでいる。
    • 幸福の法を実践し、価値あるものを作る。
    • 失敗から反省を経て、よりクリエイティブな政策を打ち出していける。
    • 「小さな政府」の実現を目指している。

未来ビジョン

  • 主要政党
    • 日本が衰退することを前提に政策を組み立てている。
    • 日本の先行きは暗いと考えている。
    • 未来ビジョンが明確でない。
    • また、日本の将来の責任を放棄している。
  • 幸福実現党
    • 日本の繁栄は絶対に揺るがない、という強い信念を持っている。
    • そのため、富を作り、人口を増やそうと、建設的な政策を打ち出している。
    • 未来ビジョンがしっかりしている。半世紀先まで打ち出している。
    • また、日本の未来に責任を持っている。

※主要政党とは、2010年1月時点の六大政党のこと
 具体的には、自民党・民主党・公明党・共産党・社民党・国民新党

特徴的な政策

経済政策

  • 税政
    • 減税により、市場の競争を活発化させ、法人税の税収を増加。
    • 増加した税収を、インフラ整備などの公共投資により、国民に還元する狙い。

  • 規制と規制緩和
    • 大規模な規制緩和を施し、市場の自由競争に任せようと考えている。

  • その他
    • ばらまきによって弱者に富を分配するだけではなく、国民全体の富を増大させようとしている。

外交・防衛政策

  • 憲法9条
    • 憲法9条を改正し、国家の防衛権を明記。

  • 国防
    • 日米同盟を強化。
    • 北朝鮮などに対する抑止力の強化。

教育政策

  • いじめ問題
    • 「いじめ防止法」を制定し、学校内部に一般社会と同じような法律が通用するようにする。
    • 公設民営校を導入し、いじめや不登校、非行などに対応し、単位を取得できるようにする。

  • ゆとり教育の廃止
    • 教員の指導力を向上し、公立学校だけで十分な学力を取得できるようにする。

その他の政策

  • 公務員に実力主義・能力主義を取り入れる。
  • CO2の排出削減を行わない。
など

立候補者、個々人

  • 党員は信仰心を持ち、布施の精神を心得ているため、利得に流されない。
  • 幸福の科学の教えからも分かるように、自らではなく、国民の利益を考えられる。(与える愛)


<参考文献>

大川隆法著「幸福実現党宣言シリーズ」(幸福の科学出版)
大川隆法著「2009街頭演説集①~③」(幸福実現党)
各政党マニフェスト
など

  • 最終更新:2010-02-20 00:36:04

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード